読書を楽しめなくなっちゃった

こんにちは

 

ぼくは中学生までは人よりたくさんの小説を読んでいました

でも高校に上がると本を読まなくなってしまいました

なぜか読書を楽しめなくなったんですね

その後大学生になると、たまに小説やビジネス書を読むようにはなりましたが、中学の頃のようなワクワクはありません

同じような経験をしている人、今まさにこの気持ちを抱えている人に向けてぼくの気持ちをシェアしたいと思います

 

理由を考えてみた

中学の頃は、本を読むことを純粋に楽しんでいたような気がします

ドラゴンクエストシリーズ伊坂幸太郎綾辻行人などなど好きだったシリーズや作者を覚えているほどです

では今はどうかというと、純粋に読書を楽しんでいないし、読書なんかに意味があるんだろうかと読書することのメリットばかり考えてしまいます

小説を読んでいても、読んだから何になるんだろうと考え始めてしまい、とたんに楽しくなくなります

本屋さんに行っても、図書館に行っても、どうせ読んでも楽しくないしなぁと最近本を手にとることにも抵抗を感じてしまいます

そんな理由を考えてみた結果、将来への不安が読書の邪魔になっているだと思いました

ぼくの大学生活はまだ続きます

ももう将来への不安を感じています

ちゃんとやっていけるか不安で不安で、本なんか読んでる場合じゃないのかなと思ってしまう

これが原因でした

既に働いている方にも、現状に対する不安やこれからの将来に対する不安などたくさんの不安があると思います

どうしたらいいの

ぼくはこの状況を打破するために、本を読む基準を1つ決めました

それは 自分がおもしろいと感じるかどうか です

いくらベストセラーだから、いま売れに売れているからといって自分が面白いと思えるわけではないです

今までは面白くないなと思う本でも頑張って読んでいました

これも読書が楽しく感じられなくなった原因かもしれません

買ってしまっんだから絶対読まなきゃ、借りたんだから一度は目を通しておかなくちゃと義務感で読むことをやめる!

そして、読みたいと思える本だけを読んでいきます

最後に

ぼくが伝えたかったのは、本はいやいや読むものではなくて楽しんで読むものだということです

もし読書に義務感を感じて、面白くもないのに読んでいるのなら、読むのをやめてしまってもいいと思います

読みたくなったらまた自然と本に手が伸びるようになります

ぼくもこれからはこの気持ちで読書に向き合っていこう!