服に自信がない人へ ダサく見える理由とダサく見えなくする方法

こんにちは、のっちです

 

いまの自分の服装に自信を持てていますか?

おしゃれな人を見ていいなぁと思いつつも自分にはセンスないし…とあきらめていませんか?

そんな人にいますぐ服装に自信を持ってもらいたい理由と自信をつける方法をシェアします

ダサく見える理由

ダサく見えてしまう理由.それはこどもっぽさとシルエットの悪さにあります

デニムと文字のいっぱい書かれたTシャツ.こんな組み合わせの人はまずおしゃれに見えません

ダボッとしたパンツを履いている人も同じです

人は、大人っぽさときれいなシルエットがある服装がたくさんの人にいいなと思われます

それでは、どうしたらダサく見えないのか

その方法を見ていきましょう

ダサく見えなくなる方法 1 〜細身のボトム〜

いま自分が持っているボトム、パンツを見てみてください

ちょっとダボッとしていませんか?

おしゃれに見える人ってもっとすっきりしてますよね

これが自信をつける方法その1です!

ボトムを細身にすること

ボトムが細身になるだけで一気にスタイルがよく見えます

これが一番手っ取り早くてかんたんな方法だと思いますよ

ダサく見えなくなる方法2 〜バランス〜

次に、いまの服装のバランスを見ていきましょう

何のバランスかというと、カジュアルなアイテムとドレスなアイテムのバランスです

カジュアルなアイテムとは、デニムや柄や文字のあるTシャツなどです

こどもっぽさを持つものとも言えます

ドレスなアイテムとは、スーツのようにかっちりしているものやシャツなどです

服装がださくみえないためには、アイテムをうまく組み合わせてドレス対カジュアルを7:3くらいにするといいと思います

人によっては割合は変わると思いますが、少しドレスが多めのほうがいいですね

たとえば、デニムパンツを履きたい場合、すでにカジュアルなアイテムを選んでいるのでシャツを着てみたり、革靴を履いてみたりするわけですね

ダサく見えなくなる方法3 〜色使い〜

そして、最後に色使いです

これも2つ目の方法とつながっているんですが、アイテムだけじゃなく色にもカジュアルとドレスがあります

ドレスな色とは、白や黒のこと

カジュアルな色とは、その他の赤や青のことです

これもドレスな色を多めにするとまとまった服装になります

たとえば、さっきと同じようにデニムパンツを履こうと思ったら、シャツの中でも赤や青、チェックのシャツではなく、白のシャツを選ぶんです

これでまとまりのある、かんたんにださく見えない組み合わせの完成です!

最後に

ここまで、服装についてお話してきましたがどうでしたか?

まだ信じられなくて疑っている人もいると思いますが、これはぼくが実際に気をつけ始めて実感している方法です

ぜひ一度は試してみてください

服装にコンプレックスがなくなるだけでいまよりもっと自分に自信がもてるようになりますよ!

 

それではまた!