一瞬で隠す青ひげ対策!BBクリームの使い方と注意点

こんにちは

 

剃っても剃っても消えない青ひげ.

いままで、いかに深く剃るかに力をいれて、いろいろな方法をためしてきましたが、深く剃るにも限界があります

そこで、逆の発想で上から隠してしまいました

今回は、その方法と結果をシェアします!

いままでしてきた対策

ぼくは,今までいかに深く剃るかに全力を注いでいました

 

試してきたことを挙げると、

・正しい剃り方を学ぶ

・剃る回数を増やす(朝と昼の2回)

・カミソリを変える(2枚刃と5枚刃)

・シェービング剤を変える(ジェルとジェルフォーム)

という感じです

 

でも、どれもきれいに青ひげを消すことはできませんでした

正しい剃り方だと深く剃れないし、剃る回数を増やすとヒリヒリ痛い…

道具を変えると、ヒリヒリは和らいだけど、深く剃れない…

きれいに剃るにも限界を感じました

BBクリームとは

そんなとき見つけたのが、隠してしまうという考え方です

青ひげを隠すのに使うのは、BBクリームという化粧品です

ぼくはこのBBクリームを使いました

 

女性ならば誰もが知っていると思いますが、男性だとわからない人が多いと思います

BBクリームとは、下地、日焼け止め、コンシーラ、ファンデーションのような化粧のベースとなるものをまとめて含んでいる万能な化粧品のことです

中には、保湿効果もあるやつもあります

でも、まず下地とか、コンシーラとか言われてもわかんない人も多いんじゃないかと思います

ぼくもそうでした笑

1つずつかんたんに説明しますね

 

まずは、ファンデーション.

肌の表面のでこぼことか、シミ、毛穴を目立たなくするために塗ります

女性の肌がきれいに見えるのはファンデーションを塗ってるからですね

 

次に、コンシーラ.

ファンデーションで隠しきれなかったシミやニキビ跡を消すために使います

ファンデーションは全体的、コンシーラは部分的ですね

 

最後に、下地.

ファンデーションよりも先に塗って、ファンデーションと肌をうまくなじませるために使います

 

本来、化粧は下地→ファンデーション→コンシーラというふうに順番にやっていくんですが、これをひとつでできてしまうのがBBクリームです

ひとことにBBクリームといっても、乾燥肌の人、脂っぽい人、肌の色が濃い人、薄い人などなど人によって選ぶべきBBクリームは変わってきます

今回は、つかれたのでそこまでは書きません

ごめんなさい(また今度書きますね)

上にリンクを貼ったNullのBBクリームなら一番安いですし,まちがいないですよ

使ってみた

実際に使ってみました感想を書きますね

写真を貼ろうと思ったんですが,写真じゃ青ひげがわからなかったのでありません

ごめんなさい

その代わり,伝えられる情報はすべて伝えます!

 

チューブの大きさは これくらい

f:id:sera1098:20170825115635j:plain

チュープの口は,こんな感じ.細いです

f:id:sera1098:20170825115725j:plain

まず,クリームの感触ですが,手にとって伸ばしてみると思ったより伸びがよくてびっくりしました

とても塗りやすいです

 

色は,一般的な肌色といったところです

ぼくは色白なのでちょうどいいですが,肌の色が濃い人は塗った部分が白く見えて目立つかもしれません

もう少し濃い目のBBクリームをおすすめします

 

今回,BBクリームは青ひげの目立つ部分だけに塗りました

これほんとうにすごいです

塗った部分と塗ってない部分で,全然青ひげの見え方が違うんです

塗るのにかかる時間は,たったの1分です

一瞬で薄くなってしまいました!

 

肌全体に塗るといいのかもしれませんが,めんどくさいですし,塗ったところがあまり目立たないので部分的にしか塗りませんでした

肌が濃くて塗った部分が目立ってしまう人は,顔全体に塗るといいと思います

そして、気になる効果ですが、きれいに剃ったあと塗ってみたところ、完全にではありませんが薄くなりました!

さらに、時間が立ってもあまり目立ちませんでした!

すごいです 感動です!

ひげが伸びるスピードも落ちた気がします

BBクリームを落としたあとのひげがいつもより短いんですよね(気のせいかもしれません)

 

夕方になると、さすがに朝よりは目立ちますが、BBクリームを重ね塗りすることでなんとか乗り切ることができました

BBクリーム,ほんとにおすすめです! 

塗るときのポイント

塗るときのポイントをかんたんに書いておきますね

・ 塗り過ぎない

 塗りすぎると、塗った感が出てしまって逆に目立ってしまいます

・ むらがでないように気をつける

 指の腹を使って肌になじませるように塗っていきます

 強くこするんじゃなくて、なでるようになじませてください

 塗ったところと縫ってないところの境界線は、ぼかすようにするといいですよ

・ BBクリームを塗る前に化粧水をつける

  化粧水をつけるだけで、BBクリームが馴染みやすくなります

・ 少しずつ重ね塗りする

  これはぼくの意見ですが、一気につけずに少しずつ重ね塗りしたほうが、仕上がりがきれいです

知っておかないといけないこと

ここからは、BBクリームを使うにあたって知っておかないといけないことを書いていきます

落とし方

男性の方は、普段化粧をしないのであまり想像つかないと思うんですが、BBクリームって顔を洗っただけじゃ完全には落ちないんです

ぼくも、びっくりしました

すごい肌に密着しているらしいです

BBクリームをきちんと落とすには、クレンジング(化粧落とし)を使います

落とさなかったら?

クレンジングを使わずに、顔を洗うだけで済ませてしまった場合、肌にBBクリームが残って毛穴をふさいでしまいます

その状態を放置すると、本来外にでるはずの油が詰まってしまいます

それが毛穴が黒ずんだり、ニキビができたりする原因になってしまうんです

BBクリームをしっかり落とさないと、どんどん隠さないといけない部分が増えてしまって逆効果です

めんどくさいですけど、ちゃんと落としましょう!

クレンジングの種類

クレンジングにはいろんな種類あります

オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクなどなどです

落とす力は、

オイル > リキッド > ジェル > クリーム > ミルク

ですが、その代わりに肌への負担は

オイル > リキッド > ジェル > クリーム > ミルク

のように落とす力が強いほど、大きくなります

 

ぼくは、中間をとってジェルタイプを選びました

本当は、メイクの濃さで落とす力を選ぶらしいんですが、自分のメイクの濃さがわからなかったんですよね

BBクリームは、落ちにくい部類に入るけど、BBクリーム以外は塗ってないので中間くらいでいいかなと思います

でもここで、注意してほしいのが、強すぎるクレンジングを選ばないということです

強すぎるクレンジングは、肌への負担が大きいので肌荒れを起こす原因にもなります

よく落ちそうだから! とオイルタイプを選ばないでくださいね

 

ここでまた困るのが、ジェルタイプのクレンジングといってもたくさんあるんですね

調べたところ、無印のクレンジングがお手頃でいいかなと思いました

無印良品では、オイル、ジェル、ミルクの3種類が用意されています

評価もなかなか高いみたいです

大きさは、大容量の200gから、携帯用の30gまで用意されています

どれがいいかわからなかったら、30gから挑戦してみるといいですね

てのひらに収まるサイズで,たったの300円です!

クレンジングの使い方

ここからはクレンジングジェルの使うときのポイントを書いておきます

 

1. 乾いた手にクレンジングジェルを取る

 乾いた手というのが、ポイントです

 乾いていたほうがしっかり落とすことができます

 手に取る量は、さくらんぼ1個分と書いてありますが、ぼくの場合は青ひげが目立つ部分だけなので、かなり少なめです

 

2. 落としたい部分につけてなじませる

 ここでも強くこすってはいけません

 軽くマッサージするようになじませてください

 このとき全く落ちてる感じがしないんですが、ちゃんと落ちてるので大丈夫です

 

3. ぬるま湯で洗い流す

  冷たい水でもなく、熱いお湯でもなく、ぬるま湯です

  さらに、一気にではなく少しずつ洗い流します

  ぼくは、いつもお風呂に入るときに落としています

  ぬるま湯を作りやすいですし、服が濡れるとか気にしなくていいですからね

 

最後に

ここまで、隠す青ひげ対策について書いてきました

すごく長くなってしまいましたね

これでもかなり省略しています

もっと詳しいことは、検索すると出てくるので、知りたい!という人は調べてみてください

BBクリームで悩みを解決できることを願っています!

 

それではまた!