あいすのブログ

一瞬で隠す青ひげ対策!BBクリームの使い方と注意点

f:id:sera1098:20180428125856j:plain

こんにちは,あいす(@sera1098)です.

 

剃っても剃っても消えない青ひげ.辛いですよね…

 

でも大丈夫!どんなに剃って消えないのなら,隠してしまいまえば良いんです!

 

ということで今回は,青髭を隠せる化粧品・BBクリームをシェアします!

青ひげに悩まされてきた毎日

ぼくは高校生になった頃からずっと,ひげの濃さに悩んでいました.

 

みんなが何日かに1回しかひげを剃らないところを,ぼくは毎日剃らなければいけません.心底めんどくさかったですし,ひげが濃いことがコンプレックスでした.

 

そしてぼくがもっとも嫌だったのは,夏.冬はマスクがあるのでまだいいですが,夏は口元を隠せるものがないので嫌で嫌で仕方なかったですね.そのせいか,ひげが見えないように口元に手を持っていく癖がついてしまいました.今思えばすごく不自然ですよね…

剃ることに限界を感じた

そんなひげを隠すべく,ぼくは今までいかに深く剃るかに全力を注ぎ,これまでにいろいろなことをやってきました.

 

・正しい剃り方を学ぶ

・剃る回数を増やす(朝と昼の2回)

・カミソリを変える(2枚刃と5枚刃)

・シェービング剤を変える(ジェルとジェルフォーム)

 

しかし,この試行錯誤もむなしく,十分に青髭を消す方法は見つかりませんでした. 正しい剃り方だと深く剃れないし,剃る回数を増やすとヒリヒリ痛い…

 

そうして,剃ることにだんだん限界を感じていきました.

 

そもそも青ひげは,肌の下のヒゲが透けていることが原因.つまり,どんなに深く剃ったとしても,見えなくすることは不可能に近いんです.

 

化粧品で「隠す」という選択

ひげに悩み続けながら大学生になったころ,出会ったのが「化粧品で隠す」という考え方です.化粧品なんて使ったこともなかったぼくは,最初は大きな抵抗がありました.

 

しかし,青ひげが薄くなるなら…と使ってみたところ,驚くほど効果がありました!完全にとは言えませんが,これまでと見違えるほど青ひげが薄くなったんです.

 

今回は,その時に使った化粧品をシェアします.それは,BBクリームです.

BBクリームとは?

 

BBクリーム?なにそれ?

 

ほとんどの方はこんな反応だと思います.大丈夫です,ぼくもそうでした.女性ならばおなじみだと思いますが,男性だとわからないのが当たり前です.

 

ということで,ここでBBクリームの説明を引用します.

BBクリームはダメージを受けたお肌をきれいに見せるカバー力と、保護する機能が持ち味。美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの機能まで兼ね揃えたスキンケア発想のオールインワン化粧品です。

出典:BBクリームとは?~BBクリームの意味・歴史と機能の魅力~-ドクターシーラボ公式通販

 

化粧についての知識がない男性にとっては意味不明な言葉が多いかもしれませんね. 少しだけ補足しておきます.

 

ファンデーションは,肌の表面のでこぼこやシミ,毛穴を目立たなくするために塗るものです.女性の肌がきれいに見えるのはファンデーションを塗ってるからですね.

 

下地は,ファンデーションと肌をうまく馴染ませるために使います.肌とファンデーションをくっつける糊のような存在と言えばわかりやすいでしょうか? (あってるかわかりません)

 

そして,本来なら「下地→ファンデーション」という2段階の工程を,まとめてできてしまうのが「BBクリーム」というわけです.

 

Null BBクリームを使ってみた

今回は,先ほども紹介したNullのBBクリームを使ってみます.

 

 

チューブの大きさはこれくらいです.

f:id:sera1098:20170825115635j:plain

チュープの口はこんな感じに細くなっています.クリームはちょっとずつ出ますね.

f:id:sera1098:20170825115725j:plain

 

まず,クリームの感触ですが,手にとって伸ばしてみると思ったより伸びがよくてびっくりしました.日焼け止めに近いと思います.とても塗りやすいです.

 

次に色ですが,一般的な肌色でした.ぼくは色白なのでちょうどいいですが,肌の色が濃い人は塗った部分が白く見えて目立つかもしれないので,もう少し濃い色のBBクリームをおすすめします.

 

そして最後に塗った感想です.

 

一言で言います.

 

これ本当にすごい!

 

青ひげの目立つ部分だけに塗ったんですが,これ本当にすごいです!塗った部分と塗ってない部分で,全然青ひげの見え方が違うんですね.

 

さらに,塗るのにかかる時間はたったの1分!一瞬で薄くなってしまいました!

 

時間が経つとだんだんヒゲが伸びてきて青髭が目立ってきますが,その場合は重ねて塗ればOKです!

 

すごいです!感動です!(うるさい) 

 

塗るときのポイント

BBクリームを塗るときのポイントをかんたんに書いておきますね.

 

・ 塗り過ぎない

 塗りすぎると、塗った感が出てしまって逆に目立ってしまいます

・ むらがでないように気をつける

 指の腹を使って肌になじませるように塗っていきます

 強くこするんじゃなくて、なでるようになじませてください

 塗ったところと縫ってないところの境界線は、ぼかすようにするといいですよ!

・ BBクリームを塗る前に化粧水をつける

  化粧水をつけるだけで、BBクリームが馴染みやすくなるそうです

・ 少しずつ重ね塗りする

  一気につけずに少しずつ重ね塗りしたほうが仕上がりがきれいです

知っておかないといけないこと

ここからは、BBクリームを使うにあたって知っておかないといけないことを書いていきます

落とし方

男性の方は、普段化粧をしないのであまり想像つかないと思うんですが、BBクリームって顔を洗っただけじゃ完全には落ちないんです

ぼくも、びっくりしました

すごい肌に密着しているらしいです

BBクリームをきちんと落とすには、クレンジング(化粧落とし)を使います

落とさなかったら?

クレンジングを使わずに、顔を洗うだけで済ませてしまった場合、肌にBBクリームが残って毛穴をふさいでしまいます

その状態を放置すると、本来外にでるはずの油が詰まってしまいます

それが毛穴が黒ずんだり、ニキビができたりする原因になってしまうんです

BBクリームをしっかり落とさないと、どんどん隠さないといけない部分が増えてしまって逆効果です

めんどくさいですけど、ちゃんと落としましょう!

クレンジングの種類

クレンジングにはいろんな種類あります

オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクなどなどです

落とす力は、

オイル > リキッド > ジェル > クリーム > ミルク

ですが、その代わりに肌への負担は

オイル > リキッド > ジェル > クリーム > ミルク

のように落とす力が強いほど、大きくなります

 

ぼくは、中間をとってジェルタイプを選びました

本当は、メイクの濃さで落とす力を選ぶらしいんですが、自分のメイクの濃さがわからなかったんですよね

BBクリームは、落ちにくい部類に入るけど、BBクリーム以外は塗ってないので中間くらいでいいかなと思います

でもここで、注意してほしいのが、強すぎるクレンジングを選ばないということです

強すぎるクレンジングは、肌への負担が大きいので肌荒れを起こす原因にもなります

よく落ちそうだから! とオイルタイプを選ばないでくださいね

 

ここでまた困るのが、ジェルタイプのクレンジングといってもたくさんあるんですね

調べたところ、無印のクレンジングがお手頃でいいかなと思いました

無印良品では、オイル、ジェル、ミルクの3種類が用意されています

評価もなかなか高いみたいです

 

ぼくが120g (600円) を使ってみたところ、ひげ周りにしか使わないからなのか、8ヶ月も持ちました!

 

大きさは、大容量の200gから、携帯用の30gまで用意されています

どれがいいかわからなかったら、30gから挑戦してみるといいですね

てのひらに収まるサイズで,たったの300円です!

クレンジングの使い方

ここからはクレンジングジェルの使うときのポイントを書いておきます

 

1. 乾いた手にクレンジングジェルを取る

 乾いた手というのが、ポイントです

 乾いていたほうがしっかり落とすことができます

 手に取る量は、さくらんぼ1個分と書いてありますが、ぼくの場合は青ひげが目立つ部分だけなので、かなり少なめです

 

2. 落としたい部分につけてなじませる

 ここでも強くこすってはいけません

 軽くマッサージするようになじませてください

 このとき全く落ちてる感じがしないんですが、ちゃんと落ちてるので大丈夫です

 

3. ぬるま湯で洗い流す

  冷たい水でもなく、熱いお湯でもなく、ぬるま湯です

  さらに、一気にではなく少しずつ洗い流します

  ぼくは、いつもお風呂に入るときに落としています

  ぬるま湯を作りやすいですし、服が濡れるとか気にしなくていいですからね

 

最後に

ここまで、隠す青ひげ対策について書いてきました

すごく長くなってしまいましたね

これでもかなり省略しています

もっと詳しいことは、検索すると出てくるので、知りたい!という人は調べてみてください

BBクリームで悩みを解決できることを願っています!

 

それではまた!