フィルムやメガネはもういらない!ブルーライトをカットできるソフト・アプリ|f.lux

f:id:sera1098:20170917223230j:plain:w620


こんにちは,のっち(@notti_blog)です

最近パソコンやスマホの見すぎで目が疲れてませんか?

ブルーライトをカットすればいいって言うけど,メガネを買ったり,フィルタを買ったりと何かとめんどくさい...

そんな悩みを解決してくれるソフトを紹介します!


ブルーライトをカットする必要性

最近,パソコンで作業する時間が増えたり,スマホを見る時間が増えたりして,目の疲れが溜まっている人多いです

ぼくはIT系の大学に行っているので,友だちにも多いです

この疲れの原因,それがブルーライトです


最近は,よく聞くようになったブルーライト.

パソコンやスマホは紙と違って,青白く光ってますよね

あの青白さが目にダメージを与えてしまっています


ブルーライトは,特に夜見ると睡眠の質を下げる原因になります

他にも肩こりをひどくしたり,疲れ目の原因になったりします


使ってみた感想

パソコンとiPhoneでブルーライトをカットしていますが,目の疲れが圧倒的に軽くなりました

パソコンやスマホの画面から青白さが消えて,断然見やすくなります!

もう元の画面には戻れません!

メガネやフィルタを買わず,ここまでかんたんにブルーライトをカットできるのに,無料とはほんとに驚きです

すごいおすすめです!


インストール

f.luxは,Windows,macOS,Linux,Androidに対応しています

macOSは対応してはいますが,ぼくは Night Shift がおすすめです

iPhoneは対応していませんが,代わりにNight Shiftを紹介します

今回は,WindowsとLinuxのみ紹介します


Windowsの方

まずは,こちらからf.luxをダウンロードします

justgetflux.com


ダウンロードボタンをクリック

f:id:sera1098:20170917160716j:plain


ダウンロードが終わったら開きましょう


この画面がでたら,Accept をクリック

f:id:sera1098:20170917161503j:plain

これでインストールが完了して,勝手にソフトが起動します

Linuxの方

申し訳ないですが,Ubuntuのみの紹介とさせてください


ターミナルで以下のコマンドを順番に打ってください

sudo add-apt-repository ppa:nathan-renniewaldock/flux

sudo apt-get update

sudo apt-get insatll fluxgui

これだけでインストール完了です!


起動したいときは

fluxgui


アンインストールしたいときは

sudo apt-get remove fluxgui


使い方

f.luxを起動すると,次のような画面が表示されます

f:id:sera1098:20170917163512j:plain


f.luxでは,赤い枠のボタンで時間によって自動的に色味を変えてくれるプログラムを選択できます

プログラムには,変化の度合いで7種類 用意されています

だいたい昼は明るく,夜になるにつれオレンジっぽくなっていきます


緑の丸部分で,自分で色味を設定できます

一番右が何もカットしてない状態,左に行くほどカットの度合いが大きくなり,オレンジっぽくなっていきます


ぼくのおすすめの設定は,3300K 付近で一定にする設定です

一定にする設定は3400K以下じゃないとできません

おすすめ設定の手順
① 赤枠をクリックしてColor Fidelityをクリック
② 緑の丸を3300K 付近まで左に動かす


ちょうど3300にする必要はありません

好みの色味で止めてください


あと,緑の丸を動かすと,赤枠のところがCustom Colorとなりますが,気になくて大丈夫です


iPhoneの人へ

ぼくはiPhoneユーザなので,f.luxを使えません

その代わりに,iPhoneに最初から付いているNight Shiftを使います

コントロールセンターを開きます(下から出てくるやつです)

Night Shiftのボタンを押すと,オレンジっぽくなります(写真は英語版です)

f:id:sera1098:20170917170631j:plain


キャプチャについて

ブログを書く方や,イラストメイキングをやる人は気になるところだと思います

でも,心配いりません!

変わっているのは,見え方だけで,元の画像や映像を加工しているわけではないので,画面のキャプチャは元のブルーライトをカットしていない状態でしてくれます

逆に,そのせいでカットした状態をこの記事で載せられませんでした


1つ注意してないといけないのは,ブルーライトをカットすると画面に映るすべてのものがオレンジっぽく見えることです

写真や動画を見るとき,本当の色味で見たいときは,f.luxの設定でブルーライトをカットしていない状態にしておくことをおすすめします


最後に

今回は,ブルーライトをカットできるソフトf.luxを紹介しました

みなさんの目の疲れが軽くなることを願っています!


それではまた!