あいすのブログ

自分を変えるには環境を変えるしかない

f:id:sera1098:20180217105945j:plain:w631

こんにちは,あいすです.


昨日,金スマで保阪尚希さんの壮絶な人生が特集されていました.

それを見ていて,「人を変えるのは環境だけ」なんだなと実感したので,ここにまとめておきます.

何をやっても変わってない気がしてた

ぼくはちょっと前から,自分の生き方や将来のことで悩んでいました.

就職してやりたくもない仕事をやらされたり,上司に忖度したりしながら生きていくのが嫌で嫌で,毎日憂鬱でした.


そんなとき知ったのが, フリーランスとして働くという道でした. そしてぼくは楽しそうに働く姿にあこがれて,その道を目指すようになりました.

それからというもの,「好きなことで生きていく」というような趣旨の本を読んだり,サイトを見たりして,自分の気持ちを整理していました.


でも,ちっとも不安は消えません.

前に進んでいる感じがしなかったんです.

自分を変えられるのは環境だけ

そして,昨日の金スマを見ていて思いました.

考えているだけではダメなんだと.


番組の中で保阪さんは,幼い頃に両親を亡くした過去を告白しました.

そのとき,自分を守ってくれるはずの存在がいなくなり,「自分で生きていくしかない」と感じたそうです.


まさに,環境が保阪さんを変えたんです.


思い返せば,ぼくが変われたきっかけはいつも環境でした.


中学生のころ,かなり内気ではずかしがり屋だったぼくは,自分を変えるために同級生が誰もいない高専を選びました.

そのおかげで,中学時代の自分を忘れて今の自分を手に入れることができたと思っています.


他にも,「運動しないと…」と入った部活がめちゃんこきつかったおかげで, 病気に負けない強い体になったし,いくらか健康的な見た目になりました.


ひとりで運動を習慣にしようとしても,続かなかったと思います.


あとは環境を変え続けるのみ

そして今,ぼくは就活に向けて自分の武器を得るために,IT企業にインターンに行くことにしました.


プロのエンジニアに囲まれながら,足を引っ張らないようにしがみついてく.

そんなやらざるを得ない環境に身を置くことが,ぼくにとって最速の成長ルートです.


みなさんはどうでしょうか?

人によって感じ方は違うと思いますが,少なくとも環境を変えないより成長が早いと思いませんか?

最後に

「自分を変える」のはかんたんなことじゃありません.

だけど,絶対に変えられるのも紛れもない事実です.


ぼくは,自分が変われないのはやり方が間違っているからだと思っています.

ひとりひとりに合った方法を見つければ,誰もが成長できるはずです.

「思い切って環境を変えるしかないよ」というお話でした.


それではまた!